2009年03月23日

Gショックのベルトとベゼル交換





Gショック GW−200のベルトとベゼルが寿命となりました。
3年程でボロボロになったので交換します。
まずベゼルのネジをはずしますが、左右違うネジなので分けて置いておきます。それからベゼルを引っ張ってはずします。そしてベルトのバネを小さいマイナスドライバーを使ってはずし、ベルトをはずします。
P3190047.JPG
仕事柄、だいぶ汚れています。
本体を、リールの部品の洗浄で使用したパーツクリーナーのBC−9
で汚れを落とします。もしかしてこの状態で金属のベルトをつけたら
これはこれで機械むき出しでカッコいいんではと思ってしまいますね。
ターミネーターみたいです。
P3190043.JPG
ベルトの取り付けが意外と厄介です。はずすのは簡単なんですが。
斜めにしてバネを片方突っ込んで−ドライバーで押して真っ直ぐにしていきます。ベルトを付けてからベゼルを付けます。
P3190046.JPG
新品同様になりました。ベゼルとベルトで¥3900でした。
色も変えて新しい時計を買った気分です。なかなかお得な改造といえます。




タグ:Gショック

follow us in feedly




【ガジェットの最新記事】


posted by 幹幹 at 21:33 | Comment(0) | ガジェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。