2009年05月20日

09アルテグラ6000PG ハンドルのBBそのA






ハンドルのノブにDDL−950のベアリングを仕込んだんですが
回転は申し分ないんですがノブと軸間に若干の隙間があり、
それがガタになっています。そこで、ノブの内側のベアリングに
ワッシャーを噛ませてみました。

P5190207.JPG

P5190209.JPG

ノブの白いブッシュを薄く切りだし、やすりでさらに薄く削ります。
仮組して回転とガタを確認します。満足のいくまでやすりで調整
します。正規の寸法のベアリングならばこのようなことをしなくても
よかったんですが、何回かの調整でなかなか満足のいく結果が
得られました。残りの黒いブッシュをベアリング化することにより
よりよい回転性能を得られることと思われます。

follow us in feedly




【09アルテグラ6000PGの最新記事】


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。