2014年11月11日

ソロBBQパート2【ユニフレーム ミニロースター強化 】





11月に入りましたが、魚の反応は渋く、

border="0"


エソのみの釣果でした。



地元に帰り、ミニロースターでのソロ
BBQを試みました。前回の問題点であ
る、ガス缶が油まみれになる件の改善
が目的です。



今回はオイルポット用受皿を用いて、
ミニロースターの油受けを作ってみま
した。この商品はネットではレアなん
ですが、近所のホームセンターに普通
に置いてありました。


新品 ニッパク オイル受皿 2枚入 丸型 サイズ15cm×1cm Yahoo auction,yahoo shopping Japan auction|Japan Yahoo auction|Rigouwang(www.rigouwang.com)



SOD-310のガス噴射口が50Φなので、
受け皿の中心に50Φの穴をあけます。

border="0"


その際、受け皿の中心を直径5cmで
ピザ切りします。そしてその切り口を
外側へ向けて折り返します。溜まった
油が噴射口に落ちないように壁を作る
ためです。

border="0"


ミニロースターの直下に受け皿を置い
てみました。網のステーが皿の縁に乗
っかって不安定です。試しにラードを
焼いてみました。

border="0"


メッシュとバーナーの熱で受け皿が焼
けてしまいました。これではとても実
用化とはいきません。

border="0"


今度はガス缶とバーナーの間に受け皿
を悪魔合体させてみました。

border="0"


バーナー本体に油がかからないように
アルミホイルでカバーします。

border="0"


前回試せなかった豚トロを焼いてみま
す。

border="0"


肉の油が受け皿に落ちていきます。

border="0"


良い感じで焼けました。ソロだと三枚
ぐらいが限度ですね。低火力でないと
手が追いつきません。輻射熱の問題も
あるので高火力は御法度です。

border="0"


油が見事に受け皿に溜まっています。
皿の底にちょうど勾配がついていたの
で油が受け皿の外側へと逃げてくれま
した。

border="0"


肝心の油汚れですが、これなら許容範
囲でしょう。

border="0"


border="0"


この受け皿ですが、作りが結構しっか
りしているので洗って何回かは使えま
す。
アルミホイルでも代用できそうです。
4つ折りにして角を丸くカットしたら
センターに円が開きます。外側を折り
返して壁を作ってやるといいですね

border="0"




今回の一件でSOD-310の使い方の幅が
広がりました。ソロでは手放せない一
品です。








follow us in feedly




【キャンプ用品の最新記事】


posted by 幹幹 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。