2009年12月30日

08ステグラSW化 そのB





PC280095.JPG


やはりテーパー状になってしまいました。この時点でこの状態で
はもっとラインを巻くととんでもないことになります。

PC280096.JPG


摺動子とスプール軸との一ミリ程度の隙間が原因と考えられます。

PC280097.JPG


摺動子に軸の段までピッタリとくっつけてみました。当然ねじ穴
の位置がずれています。これをなんとかしなくてはなりませんが、
そのような特殊工具が手元にありませんので身近に調達できるも
ので何とかするしかありません。

PC300106.JPG


今回は金属用瞬間接着剤と金属パテ、1.7mmのねじで強引に
接着しました。強度に不安が残ります。何とか形になったのでこ
れを組み込みます。

PC300107.JPG


ラインを巻いてみると序盤はフラットに近く巻かれています。後
半はややテーパー気味になっていました。これはラインを少なめ
に巻いて対処するとして、とりあえずは完成となりました。

PC300108.JPG


05アルテグラの08ステラSWスプール化は相当無理のある行為
だと実感しました。このラインのテーパー状の改善が今後の課題
となります。


icon
icon



posted by 幹幹 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 05アルテグラ6000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

08ステグラSW化 そのA





tuinnpa.jpg


スプール受け廻りの組み立てです。
#20セットスクリュー、#21スプール軸ベアリングガイド、
#22スプール座金、#23スプール受ケ(B)、#24スプー
ル軸ベアリングシール、#25スプール受ケ、を今回用意しまし
た。

PC200093.JPG


図面通り無加工で組み立てるだけなんですが、#22スプール座
金は今回必要ないと思われます。テーパー気味にラインが巻かれ
ているためです。スプールには逆テーパーでラインが巻くのがラ
イントラブルを軽減するための方法とされています。ここの調整
が今後このステグラ化のポイントとなってきそうです。#20セ
ットスクリューを締めるには6角レンチ0.89mmが必要です。

PC200094.JPG


とりあえずスプールを装着してみました。ハンドルを回してみた
ところ、想像どおり下死点方向への動きが足りないように感じま
した。ライン巻きで問題が出そうです。


icon
icon




posted by 幹幹 at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 05アルテグラ6000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

08ステグラSW化 その@





発注していたパーツが当初の予定よりも早く届きました。
今回は、09 ツインパワーSW 5000HGのパーツを使用しました。

PC130084.JPG


#103のスプール軸組ですが、摺動子の形状が05アルテと違
うので分解を試みます。

bunnkai.jpg


08ステラよりこの表記があります。ねじが恐ろしく堅い!
なんとか分解(ほとんど破壊に近い)します。
サンダーとニッパー等を使用しました。
接着されていると思われるのはねじだけで軸と摺動子はすんなり
と外れました。

PC150086.JPG


05アルテの摺動子を組み込みます。軸の付け根と摺動子との段
差が気になります。

PC150088.JPG


本体に軸組を組み込みました。摺動子の分解が今回の大きなポイ
ントといえます。特殊工具を使用したほうが賢明かもしれません。



icon
icon




posted by 幹幹 at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 05アルテグラ6000 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。