2015年01月22日

ナイトゲーム用ヘッデン【ブラックダイヤモンド スポット】





ナイトゲーム用のヘッデンを購入しま
した。自分の普段の釣行は比較的明る
いところが多く、主にルアーチェンジ
やノットの結束時しかライトを使いま
せん。あと写真撮影時でしょうか。し
かし、たまの遠征や足元の悪いポイン
トへのエントリー時、暗所作業などで
の高輝度が必要になる場面もあります。
ですのである程度の輝度のポテンシャ
ルを持ったモデルが必要になってきま
す。あと、車に置きっぱなしにします
ので誤動作防止の機能は必須です。こ
の条件で予算は4千円前後のモデルを
いくつか考察してみました。

その1 PETZL(ペツル) E93H ティカ


・最大照射力:80ルーメン
・重 量:85g(電池含む)
・耐水性:IP X4(全天候型)
・電 池:単4アルカリ電池×3本使用
誤作動防止機能については記載され
ていませんでした。降雨や水しぶき程
度の耐水性は確保されているようです。
しかし最大輝度の80ルーメンはいさ
さかパワー不足の印象。あと、ぺツル
製品は装着感がいいというのを耳にし
たことがあります。

その2 LED LENSER H7 OPT-7497


・重量:約117g(電池含む)
・実用点灯4.5時間
・最大光束:約170ルーメン
この価格帯では最高クラスの輝度17
0ルーメンです。電池パックが後ろで
すので好みが分かれるところです。誤
動作防止機能については記載がありま
せんでした。これの新しいモデルには
ロック機能があるみたいです。

その3 mazume FOCUS-ONE MZAS-175


・明るさ約130ルーメン
・使用電池
: リチウムバッテリー内蔵
・1M防水
USB充電式なので車載の充電器など
が使用できます。サイドにスイッチを
配置することで誤動作を防いでいると
思われます。こまめに充電される方は
重宝するんではないでしようか。

その4 ブラックダイヤモンド スポット


・全光束130ルーメン
・誤点灯を防ぐロックアウト機能
・重量 90 g
ロック機能が搭載されています。水の
飛沫程度の防水性能があります。あと、
電池残量も3段階でわかるようになっ
ています。総合的に判断した結果、こ
れを購入するに至りました。



1回タップで1灯。そのまま長押しで
光量が調節できます。



2タップで2灯。3回でストロボです。



2秒ほど長押しで赤灯です。2タップ
で赤のストロボ。



パワータップという機構があり、ここ
をタップすることで最大と最小の光束
を瞬時に切り替えることができます。
ほとんど使う事がない機能です



5秒ほど長押しでランプが青く光りロ
ックされます。



ここをコイン等でこぜて電池カバーを
開き電池交換できます。



ロック機能の有るなしとデザインが大
きな決め手になりました。ベルトも1
本式で装着しやすく、ライジャケのベ
ルトにも引っかけやすいので釣り用ヘ
ッデンとしては優秀な一品です。




follow us in feedly




【キャンプ用品の最新記事】


posted by 幹幹 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

ソロBBQパート2【ユニフレーム ミニロースター強化 】





11月に入りましたが、魚の反応は渋く、

border="0"


エソのみの釣果でした。



地元に帰り、ミニロースターでのソロ
BBQを試みました。前回の問題点であ
る、ガス缶が油まみれになる件の改善
が目的です。



今回はオイルポット用受皿を用いて、
ミニロースターの油受けを作ってみま
した。この商品はネットではレアなん
ですが、近所のホームセンターに普通
に置いてありました。


新品 ニッパク オイル受皿 2枚入 丸型 サイズ15cm×1cm Yahoo auction,yahoo shopping Japan auction|Japan Yahoo auction|Rigouwang(www.rigouwang.com)



SOD-310のガス噴射口が50Φなので、
受け皿の中心に50Φの穴をあけます。

border="0"


その際、受け皿の中心を直径5cmで
ピザ切りします。そしてその切り口を
外側へ向けて折り返します。溜まった
油が噴射口に落ちないように壁を作る
ためです。

border="0"


ミニロースターの直下に受け皿を置い
てみました。網のステーが皿の縁に乗
っかって不安定です。試しにラードを
焼いてみました。

border="0"


メッシュとバーナーの熱で受け皿が焼
けてしまいました。これではとても実
用化とはいきません。

border="0"


今度はガス缶とバーナーの間に受け皿
を悪魔合体させてみました。

border="0"


バーナー本体に油がかからないように
アルミホイルでカバーします。

border="0"


前回試せなかった豚トロを焼いてみま
す。

border="0"


肉の油が受け皿に落ちていきます。

border="0"


良い感じで焼けました。ソロだと三枚
ぐらいが限度ですね。低火力でないと
手が追いつきません。輻射熱の問題も
あるので高火力は御法度です。

border="0"


油が見事に受け皿に溜まっています。
皿の底にちょうど勾配がついていたの
で油が受け皿の外側へと逃げてくれま
した。

border="0"


肝心の油汚れですが、これなら許容範
囲でしょう。

border="0"


border="0"


この受け皿ですが、作りが結構しっか
りしているので洗って何回かは使えま
す。
アルミホイルでも代用できそうです。
4つ折りにして角を丸くカットしたら
センターに円が開きます。外側を折り
返して壁を作ってやるといいですね

border="0"




今回の一件でSOD-310の使い方の幅が
広がりました。ソロでは手放せない一
品です。







posted by 幹幹 at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンプ用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。